2024 Season Passes Now Available!

公園の歴史

カノビー・レイク・パークは、100年以上にわたって最高水準のファミリーエンターテインメントを維持してきました!

1800年代後半から1900年代前半にかけて、トロリーカーは全国に拡大し、人々の移動に新しい刺激的な方法を生み出しました。1902年、ニューハンプシャー州セーラムは、時代が変わろうとしていることを示す最初のトロリーカーのベルが遠くから鳴り響く中、静まり返っていました。セーラムは、ローウェル、ローレンス、ハバヒル、ナシュアといった大都市圏の中心地として、その役割を急速に高めていきました。

ハドソン、ペラム、セーラム鉄道(HP&S)は、トロリー線の導入から8週間も経たないうちに、カノビー・レイク・パークをプレジャーリゾートとしてオープンし、事業を盛り上げていきました。カヌー、スポーツ、サークルスイング、ピクニック、ペニーアーケードなど、当時はまだ限られていたアトラクションに参加し、家族で一日レジャーを楽しもうというのである。

1912年には、HP&S鉄道と他の小さな会社が合併してマサチューセッツ・ノースイースト・ストリート鉄道会社(MNRC)を設立し、セーラムを会社のトロリー事業とインフラの拠点としました。

1920年代は、MNRCにとって困難な年でした。自動車が普及したことで、ビジネスが崩壊しつつあったのだ。1923年には、ペラム、ドラカット、ナシュアへの路線を放棄するよう、NH公共サービス委員会に申し入れることになった。ペラム線が走る8軒を除くすべての家の車道に自動車が置かれるようになり、1月の2週間のトロリー収入は1日平均24.87ドルしかなかった。乗客の減少が続く中、全線で賃金、メンテナンス、ダイヤが削減され、市民の怒りを買い、会社の消滅を早めることになった。1929年3月17日(日)、最後の電気自動車が町から走り出し、カノビー・レイク・パークはその後まもなく廃業しました。

1932年、「電気舗装機」を発明して地位を確立した民間人が、キャノビー・レイク・パークを購入し、チームに7週間かけて春のオープンに向けてパークを整備させた。1936年、コネチカット州ウォーターベリーのレイクウッドパークからグレイハウンド・ローラーコースター(現在のヤンキーキャノンボール)の購入、輸送、建設を交渉した。

1930年代から1950年代初頭にかけて、カノビー・レイク・パークのダンスホール・シアターは、ガイ・ロンバード、デューク・エリントン、ハリー・ジェームス、ジミー・ドーシー、フランク・シナトラ、そして後にソニー&シェールやエアロスミスが出演するエンターテインメントスポットとして知られました。

1943年、オーナーはカノビー・レイク・パークを妻と息子に託し、他界しました。1957年、火災、強盗、ハリケーン、そしてビッグバンド時代の衰退が重なり、彼らは公園を運営し続けました。

全米で2,000以上あったジェットコースターが200台程度に減っていた頃、1958年3月にニュージャージー州の3人の親友がパークを購入しました。この新しいオーナーのもと、カノビー・レイク・パークは成長し始め、その面積を広げていきました。小さなスタッフとともに、オーナー自らがパークの改修に着手し、未使用の通路にホットトップを流し込んで、現在、緑に囲まれた広大な舗装されたミッドウェイを作り上げました。そして、新しい乗り物やゲーム、売店を導入し、カノビー・レイク・パークは、100年以上経った今でも、ニューイングランドのベスト・ファミリー・バリューを維持するための最先端を行くようになりました!